【実話】数億円を失った?私の話ーもう一つの養女な人生

私は物心ついたときには、自分の手に数億円近い資産が手に入ることになっていました。
何の苦労もなく。

 

資産と、あちこちに賃貸の家が複数。家賃収入あり。
私が生きてる間は困らなさそう。

 

なんだか詐欺みたいな話ですがこれは本当の話です。

 

とある家の養女にならないかと
私は小学生の頃からずっと言われていました。
(注:妻じゃないですよ、養女ですよ)

 

うちの両親が養女に出そうとしていたわけではなく。
親族であるお金持ちの跡継ぎがいなかったので、私に白羽の矢が立ったのでした。

 

お正月になると、小学生にくれるお年玉の額には到底思えないほどの額を、そのお金持ちの方からもらっていました。

 

お買い物に一緒に出掛けると、ゼロ一つか二つ、余裕で違いました。

 

今だったら自分では絶対に買わないだろうという額の、ブランド物の洋服やバックを買ってもらっていました。
(たまにですよ)

 

思えば夢物語のようなものです。

 

しかし私は結局、その家に行くのをやめました。

 

あまり深い理由は無かったのですが。
なんとなく、両親がそこまで賛成しているようにも思えなかったのと
自分としても自分の名字が変わってしまうことがなんとなく嫌でした。

 

家を継ぐというのはそれなりの覚悟も必要です。
その覚悟もありませんでした。

 

おそらく私自身が行くことを決めたならば、引き留める人はいなかったことでしょう。

 

でも私は今でも、後悔をしていません。

 

ちょっとはもらっておけばよかったと、ちょびっとは思っていますが(笑)

 

よくいう話ですが、お金があるからといって幸せになるわけでもありません。

 

お金持ちになってもそこまで幸せそうじゃない人を、たくさんこの目で実際に見てきました。
もちろん幸せそうなお金持ちを見たこともたくさんあります。
そしてお金がなくても何だか幸せそうな人たちを見たこともたくさんあります。

 

子供心に、お金持ちになることより幸せになることはもっと大変なことなんだなともおもっていました。

 

どこか冷静に?お金を見つめていた10代だったのかもしれません。

今の私なら、少なくとも数千万はもらって去っていたかもしれません(笑)←ひどい

 

今の私の人生は札束に満ち溢れてるわけでは全くありませんが
でも神様が本当の幸せを教えてくださったこと自体が、とても幸せなことだなあと思います。

 

「永遠の幸せが本当の幸せだ」

 

私の人生は札束に囲まれるような人生ではないけれども、でも永遠の幸せを知れたことを心から感謝します。

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP