泣き止まない子ー日々、子供を通して教えられることとは

神様が子供を通して伝えても、その人を通して与えるのがふさわしいからそうなさったのだ。だから信じて行なわなければならない。
2018年4月13日摂理の箴言より

 

大人というくくりだけで、大人全員を表現できないように
いくら職業柄、多くの子供と接したとしても、
「子供はこうだから」と断定的に言えません。

 

傾向はあるのだとしても、大人が一人一人違うように、子供も全く違います。

 

そして、子供を通して教わることも全く違います。

 

先日、泣き止まない子がいました。
寝る前には大泣きする子です。

 

それは分かっていたので、眠いのだろうと思う反面、いつもより長く泣いていました。

 

少し抱っこしてあげたら、すぐに寝てしまいました。

 

「ああ、この子は抱っこしてほしかったんだな」
私の腕の中で安心したように眠る子は、本当に可愛いです。

 

また一つ、その子を通して教えられました。

全て委ねて安心して神様に接するならば、神様も本当に嬉しいだろうと。
その表情を見てるだけで満足で、特に何かを求めることも無いと。

 

日々、神様が子供達を通してたくさん教えてくださること、心から感謝です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次