同じ言葉でも肯定的に捉える人と否定的に捉える人の1つの差

「否定的な考えは、あなたに祝福を来なくさせる」

 

鄭明析牧師(以下先生)が私に、この言葉を直接教えてくれたことがありました。

 

肯定的と否定的の差とは、祝福が来るか来ないかです。

 

私はその両方の経験があります。

 

先生から言われた「祝福(神様からのプレゼント)を来なくさせる」
すなわち、
「本当は祝福が来るはずなのに、否定的だと来なくなるよ。だから肯定的に生きよう。」
ということにつながります。

<肯定的に教えてくださること>に感謝します!

 

目次

万事に肯定的に考える方法とは:<聖三位と救い人>を意識したら肯定です。<三位と救い人>を忘れたら否定です

同じことを<否定的に評価する人>は
日に日にその不利な位置に置かれるしがらみから抜け出せなくなります。
それによって自分がつらく、もっと大変だと言います。

それについてどのように話し、どのように評価するのかを問わず、
自分が必ずしなければならない仕事であるにも関わらず、そうです。

しかし反対に、それを<肯定的に評価する人>は
「その瞬間」を<自分の機会>にするのです!

これと同じく、
<どのように見るか>が本当に重要です。
<見る視角>が、実に重要です。

天の基準は人間のものとは異なります。

だから、どこで何をするにしろ
<聖三位と救い人>を意識したら肯定です。
<三位と救い人>を忘れたら否定です。

これがまさに、<万事に肯定的に考える方法>です!

<肯定的な認識>をすることが
すなわち、「心の戸を開けること」です!

 

2016年7月6日 御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる