幸せな人なのに幸せだと思えないその理由

周囲にいませんか?

明らかに幸せなのに、本人は幸せだと実感してない人。

 

これは、幸せの基準が人によって違うからなのも要因の一つです。

 

これはとっても勿体ないこと。

 

そして、喜んで自分のものにしていたその幸せが
結局はそれ以上の不幸を呼んでくるときも本当によくあります。
だから一時的な喜びです。

年を重ねれば重なるほど、この言葉が重みを増しますよね。

 

「このように生きていて私は本当に幸せなんだろうか?
幸せでない気がするけど、このように生きることが正しいのだろうか?
果たして私はよくやっているのだろうか?」

 

この世の中で最も幸せな人になる方法という御言葉で

この世で最も幸せな人になりたいですか?
神様を自分のものにしなさい。

とおっしゃいました。

永遠に幸せであってこそ幸せなのです。

 

私は御言葉にふれたときに不思議だったのが、一人でいても幸せだということでした。
御言葉を聞いた日は、家に帰っても寂しくなかったんです。

 

この記事、私自身が忘れないために書きました。
幸せなのに幸せと実感できなかったら、このブログをもう一度見返すことにします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる