たとえ自分に関係ないことだとしても、悪口とか批判とかは聞かない方が良い

クララ牧師の記事が興味深かったです。

 

クララ牧師は、「日本の表舞台に立つ人々のウソを暴くような感じの本」を読んだところ、悪口が列挙されどこにも擁護の言葉もなく、気分が悪くなって読むのを辞めたそうです。
クララ牧師のブログはこちら

 

テレビを見ていると、たまに批判や悪口が続き、ほおっておけばいいのではと思うことがあります。
(テレビが全部悪口で固められてるわけではない)

そういうときはテレビを切ります。

同じくインターネット、SNSをみているときもあります。
それも必要なければ見ないようにしています。

 

悪口や批判を耳にしたあとは
頭が痛くなり、イライラします(ΦωΦ)

 

食べ物も、良いものを食べればよくなり、悪いものを食べれば悪くなります。

 

それと同じく、人は見るもの聞くものに本当に良くも悪くも影響されます。

 

「たとえ自分に関係ないことだとしても、悪口とか批判とかは聞かない方が良い」

まさにこれは真理。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる