私が幼いころ 願い求めて祈っていたこと

私が学生の頃、求めていたものは二つ。

 

世界平和

 

一生裏切らず、信じてついていける人に会うこと

 

神様に涙ながらに求めていた。

 

幼いから、分からないことがたくさんあって
知識も知恵もなく、経験もなかった。

 

祈る方法も知らず
神様という存在がなんなのかも知らず

仏教でもキリスト教でもなんでもいいとおもっていた私

神様が願う道とは異なる道を歩んでいた私

 

それでもその願いは純粋で。
本当に切に願っていた。

見返りは考えてなかった、というか考えも及ばなかった。

 

そんな私の願い求めを
神様は想像以上にかなえてくださった。

 

世界平和はまだ完成はしてないけれども
それでも過去に比べれば平和で
完全な平和を成すにはどうしたらいいのかも分かり

一生裏切らず信じてついていける人にも会わせてくださり

 

神様は願い求めたら、時に応じてふさわしければ
願いを聞いてくださる。

 

布団をかぶって、誰にも聞かれないように願い求めていたあの日々を
私より 神様のほうが忘れていなかった。

 

神様、聞いてくださってありがとう。

 

そして今一度、今週、いま願い求めるべきことを 願い求めます。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次