夫婦喧嘩って児童虐待なの?

虐待は 昔は無かったのか?

そんなことないですよね。

 

いま、虐待のニュースが後をたちませんが、虐待は昔からあったことです。

 

大人になってから、そして今の時のように虐待がさけばれるようになってから
ニュースを見ながら
「あれ?自分も虐待受けていたの?」
と思うことはありませんか?

 

私も考えてみれば、虐待だったのかもしれないとおもうことがあります。

 

それは夫婦喧嘩。

 

うちの家族は仲が良いとは言えませんでしたから
喧嘩なんてしょっちゅうでした。

手は出さないけれど
口喧嘩。

 

父母の仲の良い状態って記憶にないんですよ。

 

だから学生の頃は、家を出たくて仕方ありませんでした。

 

自分の子どもの前で夫婦喧嘩をしたことのあるお父さん、お母さん、正直に手を挙げてみてください。ハイ。後で外に来てください。警察に行ってもらいます。いいですか、児童虐待です……。「夜回り先生」として有名な水谷修さんの講演の一コマ
引用:薬事日報

 

「日常的に繰り返される激しい夫婦げんかは、子どもの脳を傷つけている―」近年、驚きの研究結果が明らかになった。福井大学とハーバード大学がアメリカ人を被験者にして調べたところ、日常的に両親の暴力や暴言を見聞きしてきた子どもたちは、脳の視覚野の一部が萎縮していたというのだ。
引用:NHK

 

(虐待を受けたひとたちの)脳の一部が萎縮していましたが、身体的な暴力を見てきた人は萎縮率が3.2%だったのに対して、言葉の暴力は19.8%と6倍も高いことがわかったのです。引用:NHK

 

そうか、あれは虐待だったのか
とおもっています。

今は父母、双方、年をとってきたので
昔よりはましですが。

 

それでも私は御言葉を学ばせてもらい、愛と真理を知ったから
今は家族の為に祈りを捧げるようになりました。

 

虐待ー他者からの虐待も怖いけれど
私はやはり、自分自身による自分への虐待が一番怖いと思っています。

 

[clink url=”https://providence-blue.com/about-providence/bible-the-proverbs-poem/31774″]

全ての虐待がこの地上からなくなるように
切に願います。

 

参考:夫婦げんかで子どもの脳が危ない!? NHKクローズアップ現代
「夫婦間の暴言」が子どもの脳に与える影響を調べるためのチェックリスト

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次