仕事後 深夜の花見ー神様のプレゼント

桜の季節、花見に行きたいと思いつつ
私の考えと、実際の状況は異なり

 

花見には行け無さそうだった

 

深夜23時頃、仕事が終わり
「花見に行けないなあ」
とおもい
車を走らせていたら

 

深夜、誰もいない道路の両脇に
たくさんの桜並木

 

たぶん1キロ以上は続いていた

 

あまりにも幻想的で美しい

 

神様は私にこの時間をプレゼントしてくださった

 

最高の花見

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる