成田や羽田に前泊?後泊?ーもっとよくするために

私は海外に行くとき、空港付近での前泊や後泊(帰国後)をしたことがない。

 

今回は引っ越してから初の海外。

成田や羽田を使うのが初めてだったので、
「そもそも八王子からどうやっていくんだ?」
と、ゼロから調べた。

お友達のS嬢にいろいろ聞いて、自分でもリムジンバスや電車を調べた。

 

普通に自宅から空港に行って、帰ってくるつもりで調べていた。

 

でも今日、前後の仕事を考えると 空港付近に前泊も後泊もしたほうがいいことに気づいた。

そのほうが、トータルの費用的にも、体力的にも、時間的にも、全てにとってメリットがあった。

 

なんでも行なってこそ、「もっとよくやるべきこと」が見え、思い浮かぶ。
2019.5.2の箴言より

 

ホテルやら、リムジンバスやら諸々、調べて予約は全て完了。

 

でもいま、調べ終わってから
「ああ、こうすればよかったな」
と思うことがある。

 

前泊後泊するつもりで、航空券の予約をしたわけではなかったので
次からは泊まる前提で予約をすれば
もう少しリーズナブルに行けたような。

 

<行なう人>には「もっとよく行なうべきこと」が見える。

 

やってみて、損したように思えても
この経験が、次にはもっとよく行えるようにしてくれるから。

 

そう思って 感謝して寝よう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる