虐待といじめの裏の奥深く

テレビやネットでは見ることが出来ない、裏の奥深く

 

ある一人の少女は
いじめはしないけれど

先生をいじめてる男子たちを
ただ周りで見てることしかできなかったという

 

少女の家庭環境は複雑で
大人への不信感があってもおかしくない家庭に育っている

やや人生を諦めている感もある

 

いろいろ話を聞き、いろいろ私から話をした

少しでも響くといいが
残るといいが

 

一番裏の深くを知っているのは
まぎれもなく神様だから

神様に話そう

 

「あの少女のために祈る人がいなかったからだ」

 

そんな風に神様に言わせないように

神様が言わなくて済むように

 

祈れば自分の心情と切なる思いが、神様の心と頭の中に伝わるので、神様が自分と同じ考えを持つようになります。神様の頭に録画ができます。だからその心を持ち続けているわけにはいかないので、神様が実践してくださいます。だから威力があり、確実で、不可能がなく、成し遂げられるのだとおっしゃいました。
2008年5月7日水曜日の御言葉

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる