YouTubeで画質を落としてデータ量を大幅に節約する方法

皆さん、「YouTubeで音だけ聞ければいいんだけど」というときありませんか?

 

例えば
・誰かの講演で顔がうつらないとき
・BGM
を聞くときなど。

 

wifiにつなげられればいいですが
スマホで聞くときに画質を落とさずに聞いていると
データ量が大変勿体ないことに!!

 

毎日1時間の動画を見た場合のデータ量(一か月あたり)

低画質(144p)
2.5ギガ

高画質(1080p)
40ギガ

全然違う!!!

その差、なんと
16倍!

 

画質を落としても、音の質は変わりません。
私はいつも画質を落としています。

 

画質を落とすにあたり

■メリット
・データ量を節約できる
・動画が止まりにくくなる
(画質が高いと、それだけの情報量を処理しなければならないため、時には動画が止まることもある)
・充電の持ちが長くなる
(上記と同じく、多くの情報量を処理するということはそれだけ電力も消費することになる)

 

■デメリット
画像は粗くなるので、画像も鮮明に見えないと嫌!という状態には向かない
(画質を落としても、ある程度は見えますよ)

 

では落とし方を解説します。

 

画面はandroidスマホ。

 

YouTubeアプリを開き、聞きたい動画の画面にします。

画面の右上をクリック

 

こんな画面になりますね。画質のところをクリック。

一番数字が低いものをクリック。144pです。

 

これで完了!

 

快適なスマホライフを!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる