頭が悪かったから1億捨ててしまった私の実体験

2019 10/28
頭が悪かったから1億捨ててしまった私の実体験

この記事を読んでる皆さんは、目の前に1億あったらどうするだろうか。
正確には、現在1億なだけでそれがもっと増えていくとしたら?

 

堀江貴文氏の「捨て本」記事を読んで、自分は何を捨てたんだろうと考えた。

 

過去、私の目の前に 1億の価値があったものが置かれた。

私はそれを受け取ることも出来た。
むしろ、受け取れと言われていた。
(不正取引とか、怪しいやつじゃないよw)

このとき、10代後半。

 

受け取らなかった。

 

なぜか?

実はそんなに深い理由は無い。
絶対に嫌だ!と言った覚えはなく、なんとなく受け取らなかった。

 

私の頭が良かったら、この1億は多分受け取っていたんだと思う。
この1億を運用して、あれこれやろうとか思いつくから。

今だったら間違いなく、受け取っていたと思うw

 

私は、頭が悪くて良かったと思ってる。

10代後半でお金を手にしても、良い生き方を出来る人もいるだろう。
しかし私の場合は、まともに働く道を考えなかったはずだ。

買いたいものを買って、あまったお金で資産を増やす道に走ったと思われる。

 

ということは、少なくとも今現在の知識と経験は得られなかったはずだ。
保育士資格をとろうとも思わなかったかもしれない。

お金が無かったから、いろいろ安くて良いものを知り、あらゆる方法を駆使することも知った。

 

先生(鄭明析牧師)が昨日の み言葉の中で、月明洞の作業について話をしていた。
「頭がよくないと無鉄砲になる。だから出来たことだ。怖いもの知らずだ(笑)」

 

1億を目の前にしても受け取らなかったという、怖いもの知らず、無鉄砲だった10代。

 

繰り返しになるが、今だったら受け取ってるよw

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次