私は怒っています(ΦωΦ)ー神様の立場

私はあることで最近怒っております。

安心してください。この読者の中には、その怒ってる対象の方はいません(え?)。

 

凄いざっくり言うと、Aさんに、Bさんが危害を加えたというもの。

 

でそれを
「私、こんなことがあって それでめっちゃ怒ってるんよ」
って知人に愚痴ったんです。

 

その人は、ふーんという反応。

 

で私が
「Aさんが、あなたの大切な人に置き換えたら、めっちゃくちゃ怒るでしょ?!」
といったら
「そりゃブチ切れます」
という反応。

 

ここから思ったこと。

それぞれどの立場にたつかで、感情が変わるってこと。

 

聖書読んでると、神様がたびたび喜んだり楽しんだり悲しんだり怒ったりしてるわけです。

数千年前からずっと。

 

中には聖書を読んでもパッと見、理解できないところもあります。

 

でも神様の立場にたって深々考えると、感情を共にできるんです。

 

いま聖書を読み進めています。神様が人を通してかかれたものだから、神様の感情を気にしつつ読みすすめていきます。

神様は死んだ神様ではなく、生きている神様ですから。

 

列王紀上1章29節
すると王は誓って言った、「わたしの命をすべての苦難から救われた主は生きておられる。

ヨハネの黙示録15章7節
世々限りなく生きておられる神

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる