摂理に来てから24年たつとどうなる?ー同年代との関係性

早いもので私が摂理の教会に来てから24年がたちました。

 

私を含め、周りの摂理の人達を見渡すとそれぞれの人生を走っています。

 

まだ教会に来たばかりの人や、来たことがない人は摂理で24年過ごしたらどうなるのか、想像もつかないでしょう。
私も想像つきませんでしたし、24年も過ごすぞ!なんて思って生きてきたわけではありません。
気付いたら年月が過ぎていたといったほうが正しいです。

 

では本題。摂理にいて24年たったらどうなるのか?

行ったとおりになります。
他の人と交わりもしない個性が強くなります。

以上w。

 

周りを見てもそうです。
同年代が同じクラスにいたら、絶対にまとまらない自信がありますw

個性豊かすぎてw
男女問わず、みんな強いしwww

 

でも神様、主の前だとまとまる自信があります。
それしかありません。
私たちの年代がまとまることができるものは。

 

何年も話してなかったのに、やっぱり目指すものが一緒だからか離れていた年月問わず、すぐ心が通じたりもします。

 

同年代を見ながら、時には羨ましく、自分を振り返ると自信を無くすこともありました。
でも今は、それはほぼ無いです。
それぞれの道が違い過ぎて、比べることが出来ないといったほうが正しいかな。

 

この記事を読んでる皆さん。
同年代、本当に大切にしてあげてくださいね。

教会で過ごせば過ごすほど、同年代の仲間はとても貴重な存在になります。
今は毎日のように共に過ごせていても、そのうち仕事で引っ越すこともあるだろうし、結婚して生活が変わることもあります。
そのうち、違う道をそれぞれ進んでいくことになります。

 

それでもたまに人には言えない愚痴を聞いてくれたり、共に心を分かち合えるのは やはり同年代のことが多いです。
ちょっといえば状況分かりますからね。

 

私も含め、天が結んでくださった縁をいつまでも大切にしていきましょうー(^^)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる