「クオリティが微妙」 口だけで実践しない人

クオリティも大事だけど。

「クオリティ(質)が微妙」と上から目線の気持ちでいうだけで、作品を作った人、実践した人のことを助けようとしないのは、どうなんだろうなと思う。

何のために、そのことを言うんだろう?

「クオリティが微妙」と人に言うなら、それを言った本人自身がいう その「クオリティ」で作品を作り上げればいい。人に求める前に自分がやるべきでは。

ただ意見を言うだけなら正直、誰にでも出来るんじゃないかな。

・・・って前から思ってる。

 

私が言われたわけじゃないけど、言われた人のことを見て思った話。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる