人生を楽に生きようとして「運動」をせずにじっとしていたら

人生を楽に生きようとして「運動」をせずにじっとしていたら、 それによってさまざまな病気になって、健康を奪われる。

人生を楽に生きようとして「運動」をせずにじっとしていたら、
それによってさまざまな病気になって、健康を奪われる。
摂理の鄭明析牧師 明け方の箴言より

ぐさっ。

私は、ほんとにスポーツが好きじゃなくて。あ、やるほうが。見るのは好きです。
みんなと楽しく運動するならまだしも、自ら体を鍛えるためにということは殆どしたことがありません。ですが、去年末から少しずつジム&プールに行きはじめました。そしたら、ほんとに階段を一歩一歩登るような変化が!

 

ウォーキング30分

ウォーキングだけじゃなくてジョギングも加えるようになりました
周りのスポーツ人と一緒にマシンで走ってます
筋トレのウェイト 軽め

軽めだったのが少し重くてもいけるようになりました
背筋 器具を使った筋トレ無し(あんなん、できひんわー)

背筋 器具を使った筋トレも出来るようになりました
水泳 ウォーキングが中心、50m泳ぐのがやっと。
これで全ての運動をした気になってる私ww

ゆっくりですが300m泳げるようになりました
隣の人を見ながら、平泳ぎが前よりスムーズに出来るようになりました
ちょっとでも始めることが本当に大きいですね。
ところで、こういう箴言もあるのです。

 

肩の筋肉を鍛錬しようとして、必ずしもプールに行って水泳をする必要はない。 家で素手で、泳ぐように一日に七百回だけやってみなさい。 体に水一滴つけなくても、筋肉の運動になり、体力も整えられ、鍛錬できる。 脳が発達すれば、「知恵」で帆掛け船も軍艦として使い、 一坪の土地も大運動場として使う。 摂理の鄭明析牧師 明け方の箴言
肩の筋肉を鍛錬しようとして、必ずしもプールに行って水泳をする必要はない。
家で素手で、泳ぐように一日に七百回だけやってみなさい。
体に水一滴つけなくても、筋肉の運動になり、体力も整えられ、鍛錬できる。
脳が発達すれば、「知恵」で帆掛け船も軍艦として使い、
一坪の土地も大運動場として使う。
摂理の鄭明析牧師 明け方の箴言

 

これは現在、鄭明析牧師がこのように行っているということですね。私はプールに行ける環境だけど、その心を見習わなくては(人´口`)何事も、環境そのものが問題ではないですよね。
鄭明析牧師が何故、年を重ねても体を大事にするのか?それは神様が下さった体だということが分かっているからだし、その価値をよく分かっていらっしゃるからです。

 

私も今日、しみじみ思いました。人間一人一人の体は、これだけ科学が発達した世界でも作ることは出来ない。その体を無償で神様が一人一人にくださっている。本当に大きな愛ですよね。

 

この体は、自動的に出来ることがたくさんあります。物を食べて胃に届く。当たり前のようなことかもしれないけれど、でも当たり前じゃない。神様が予め、「自動的に」出来るようにしてくださっています。血の流れだって、私達が苦労して流してるわけではないですよね。基本的に「自動的に」流れてる。

 

ホントに神様の下さった、この体は貴重すぎますね。
これからも健康を大事に、神様が下さった体を大事に、頑張ります!
全国、いや全世界のスポーツがあんまし好きじゃない摂理人の皆さん!互いに励ましあいながら頑張りましょーww

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる