生きてる奇跡と軌跡

生きてることは当たり前のように思えて

でも特別な日を迎えるたびに
「生きてるって凄いことだ、感謝すべきことだ」
とおもう

命はいつ消えてもおかしくないから
人生順風満帆な人なんていない

私も振り返ってみれば、よくぞ生きてきたと思う
もう一度、同じ人生を繰り返してくれと言われたら絶対に断る

今日、私が生きてることは奇跡
神様が助けてくださったからこその奇跡であり軌跡

明日が来ることは奇跡だと言った人がいた
本当にそうだ

だから今日を迎えられたことに感謝する

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる