言葉の投げつけ

私は、言葉には敏感なほうです。
敏感すぎて以前、病気になったこともありました。

 

でも考えてみました。
敏感だからこそ発信できることもあるんだなあと。
言葉に敏感なのは長所でもあり、短所でもあります。

 

敏感な分、強い言葉、相手を傷つける言葉は苦手です。(←大半の人がそうか)

 

箴言12章6節
悪しき者の言葉は、人の血を流そうとうかがう、正しい人の口は人を救う。

箴言12章18節
つるぎをもって刺すように、みだりに言葉を出す者がある、しかし知恵ある人の舌は人をいやす。

箴言15章4節
優しい舌は命の木である、乱暴な言葉は魂を傷つける。

箴言16章24節
ここちよい言葉は蜂蜜のように、魂に甘く、からだを健やかにする。

凄すぎる。この聖書の聖句たち。

 
ある人が言いました。

言葉のボールを
「渡す」のか
「投げる」のか
「叩きつける」のか

と言っていた方がいましたが
ほんとにその通りだと思いました。

言いたいことが同じでも。

 

また、同じ言葉でも誰が発信するかによって違う。

全く関係ない人から言われる言葉より
関係ある人から言われる言葉に深く思うことがある。

 

マタイによる福音書22章36-39節
「先生、律法の中で、どのいましめがいちばん大切なのですか」。
イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。
これがいちばん大切な、第一のいましめである。
第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。

 

隣人を愛しなさいというこの有名な聖書の箇所。

イエス様!!
2000年前に既にこのことをおっしゃったとは。

あまりにも深すぎます。

 

隣人を愛したら、世界は平和になるしかない。

 

言葉の投げつけ、とにかく自分がまず気をつけよう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる