2020年、神様は何度涙を流したんだろう

今年は人類史上初めてと言っていいほどの年だった。
今年初めに、今のような状態になるとは誰が予想していただろう。

今までの生活常識が通用しなくなり、世界中が混乱状態となった。

年末になったいま、今年を振り返る。
私の過ごし方はどうだったか、今年一年は何をしたのか。

そして、神様のことを思った。
神様は今年、何度涙を流したんだろうと。

普通の人間にはそれは分からない。私も勿論、正確な回数なんて分からない。
神様にとって、今年はどんな年だったんだろう。

もし神様が涙を流すことがあったのならば
私はその涙をぬぐってさし上げられるようなことが出来たのだろうか。

でもほんと。

人間の私からしたら
神様がこの世界を存在させてくださってるだけでも、あまりにも感謝なことだ。

宇宙から見たら、ちっさいこの青き星が存在していること自体も奇跡で感謝だし
当たり前のように空気が吸えていることも感謝だし
太陽が昇って沈むことも感謝だし。

その他・・・たくさん。

もし神様が涙を流すことがあったならば
少しでも私が涙をぬぐってさしあげられる存在になりたいのだ。

それがほんの少しだけであったとしても。

年末は神様の一年の疲労をねぎらうことができたら嬉しいなあ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる