「新次元へ行きたい」全日本フィギュア2020から学んだこと

全日本フィギュアスケートが終わりました。

関連記事
全日本フィギュア女子 紀平梨花 連覇 4回転サルコウ成功!

 

紀平梨花さん、羽生結弦さん。両選手は誰しもが知ってるはず。
 
2人とも日本屈指のスケーターなわけですが。
 
既に去年の時点で、二人とも凄かったわけです(語彙力)。
でも今季の全日本でまた新たな姿を見せてくれた。
 
それを見ながら、現状維持で満足してる自分に気づいたのです。
 
私は現状維持という言葉が元々は嫌いでした。
日々進化、日々変化。
それが信条でした。
 
現状維持ってつまらないし。
 
でも最近は現状維持だったなあと思いました。
 
今の状態が悪いわけでは無かった。だからこそ、現状維持にとどまってしまっていた。
何か変えたい、何か変わるべき。
そう思ったのです。
 
来年、教会では「霊肉共に新しく」がテーマだと発表されました。
 
このブログも含め、新次元へ到達すべく、生まれ変わっていきます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる