子供たちの一言はとても大きい

先日、仕事で小学校に行きました。
学校に入ると、見知らぬ小学生たちが目の前を通っていきました。

ある一人の女の子が私のところに来て、ひとこと
「こんにちは!」
と言ってくれたんです。

私はもう、その子が可愛くて可愛くて仕方ありませんでした。

ひとことだけなのに、その子のひとことは私をずっと幸せな気持ちにしてくれました。今も思い出すだけでも嬉しすぎます。

子供たちの力は本当に大きい。
たったひとことで、ずっと心を幸せにしてしまうのですから。

そして、その子供のひとことを通して神様の気持ちも感じました。

神様に対して、特別なことをする時も神様は嬉しいけれども
ほんの少しのことでも
たったひとことでも神様に話してくれるなら
神様も本当に嬉しいのだと。

イエス様も聖書を見ると、

マタイによる福音書10章42節
わたしの弟子であるという名のゆえに、この小さい者のひとりに冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない」。

と話されています。

私も何も大きなことはできなくても
神様に向かって
「こんにちは!」
と笑顔で言う人であり続けたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる