他力本願は自分を変えられない。一日を生きてみても「自分の行ない」どおりになる。

「誰かやってくれないかな」
「誰かいないかな」
・・・って祈って探すならまだしも、いつまでも溜息つきながら、タラタラやってると力が出ない!
時間浪費!
絶対うまくいかない!
それは成功する考えじゃない!

「私がここにおります。私をお遣わし下さい。」

 

2014.02.20 私のブログの記事にはこの文面が書いてあった。
当時の私に一体何があったのでしょうw

とりあえずどうやら自分に気合を入れてるらしいことは予測されます。

何か切実なことが起こっていたようですが、今は思い出せません。

 

それはさておき。他力本願が成功する秘訣ではないことは確かなこと。

自分の周りだとしても、それを拡大して世界のことでも。
「あれがこうなったら幸せになれる」
自分以外の何かに対して変化を期待しても
変化がたとえ成されたとしても
当の本人が変わらなければ、成功はできない。

 

私はそれを何度も体感した。
きっとブログを読んでくださってる方々も同じように体感されてるとおもう。

 


一日を生きてみても「自分の行ない」どおりになる。
一生生きても「自分の行ない」どおりになる。
鄭明析牧師の明け方の御言葉より

 

結局最後は自分の行いが、いまある自分を作っている。

自分の行いは自分に戻ってくる。

小さいことも。大きなことも。

悪いことも。そして良いことも。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる