ハイチ大統領暗殺、コロナ、災害、これ以上命の害がないことを祈ります

熱海の土砂災害、鳥取と島根での豪雨。そしてコロナ感染再拡大。

さきほど速報でハイチ大統領が武装勢力に暗殺されたというニュースまで飛び込んできました。
心が痛いニュースが続いています。

直接、私の身体が現場に行ってできることはとても少ない。

だけれども祈ることだけはできる。人間一人一人は小さくとも、祈ったら神様が行うから十分できるとおっしゃいました。それを信じて全ての人達の為に祈り続けます。

「私が一人で、あの大きな民族と世界のために祈るからといって、何か役に立つだろうか。祈りがなされるだろうか」と思ってはいけません。祈りなさい。

祈りは人間がするけれども、施行は神様がなさるから、人間の考えとは違って、十分できます。アーメン。

皆さん一人一人の祈りがどんなに大切か分かりません。

聖書に出てくるエステル、エリヤ、エゼキエル、エレミヤ、・・・多くの神様の人たちは、その時代のために祈りました。天の前に訴え、この民族を生かしてください、助けてくださいと祈りました。イエス様は、全人類のために祈りました。

ルカによる福音書6章12節
このころ、イエスは祈るために山へ行き、夜を徹して神に祈られた。

皆さん、祈りがどれほど大きいことなのか、知らなければなりません。

2010年6月20日 主日の御言葉より

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる