「続けていることをやめてしまうと、またやるには更なる気合とエネルギーが必要」

牧会者Twitterより。まさにこれ。少しでも続けるほうが楽。


 
何にでも共通することで、やらないと再び開始するときは莫大なエネルギーを要する。
 
電気もずっとつけてるより、こまめにつけたり消したりするほうが無駄に電力消費してしまうという場合もある。電気をつけるときは平素の3倍の電力が必要。
 
またこんなこともあった。
 
以前、ホノルルマラソンを走った時。マラソン嫌い、初フルマラソンの私へのアドバイスで
「歩いてもいいからとにかく止まらないで。止まったら最後、進めなくなる。」
という言葉を当時の教会の牧師からもらった。
牧師さんは私が行く前の年まで、三年連続でホノルルマラソンを走っていたので、その経験からだった。
 
私は忠実にその言葉を実行。かなりの割合で歩いたけど、絶対に止まって休むことはしなかった。
 
30km過ぎたあたりで、陸上選手っぽい体型をした人たちが何人も止まって苦しそうにしてる姿をみた。その人たちを追い抜いて、7時間弱という遅いタイムだったけどフルマラソン完走。
 
このとき、身をもって止まらないことの楽さを感じた。
 
少しでもいいから、忙しくても余裕がなくても、出来る範囲で続けること。

そのほうが生きるうえでずっと楽。

子供達のことも保育園で毎日会うからその子達のことを知っていくことができるけれども、たまにしか会わなかったらやっぱり知る上で限界はある。少しでも毎日会うほうが、子供達を知るのは勝る。
 
何にでも共通する話。
 
というわけで、こうせい牧師のTwitter、フォローおすすめです(宣伝 笑)
天運教会牧会者 こうせい牧師のtwitterはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる