[Blog]祈ってみて思うこと

教会に通う前から、私は祈っていました。
 
正式に「祈り」という形ではなく、心の中で思っていたに近い。
 
私が教会に通う前に祈っていた祈りの形は、まさにこれ。

マタイによる福音書6章6節
あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。

 
部屋に入って、布団被って、祈ってました(笑)
 
祈り方を学ぶ機会も無かったし。
お祈りを聞かれること自体もなんか恥ずかしかったし。
 
それでも、「祈り」が聞かれた実感はとてもある。
 
祈りが聞かれるかどうかは、祈ってみたら分かるという言葉を何度も聞いた。
 
そりゃそうである。
 
誰かが自分の願いをかなえてくれるかどうか、まずは願いを伝えることから始まる。
 
お祈りもそう。
 
まー、お祈りしてすぐにかなえられた!という時もあれば、自分ですら祈ったことを忘れた頃にかなえられていて「そういえば、祈ったかも」と後で思い出したり。
 
または自分が願っていた形では無いけれど、とても良い形でかなえてくださったりもする。
 
今年も、あらゆることを感謝しつつ、祈ってみよう。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次