摂理に高校生の時に勧誘?伝道されました

目次

摂理に伝道された時

何を隠そう(?)、私が摂理に勧誘・・・ではなく伝道されたのは高校生の終わりごろ。短大&大学受験の終わり頃、寒い季節でした。写真は高校3年生のときのです。

既にほぼ受験が終わりかけていた頃、私は女子短大に最終的に決まりそうだった為、私のかねてからの野球部マネージャーを大学でも続けるという夢は、その時点で終わってました(笑)

そうしているうちに縁があって、私は摂理のバレーサークルに行くことになりました。今だったら行かなかっただろうな。だって、バレー好きじゃなかったし(笑)

そして普通の女子高生。警戒心が無いわけじゃありません。最初は完全に警戒してました。摂理だから警戒したのではありません。相手が大学生達だから警戒したんです。
「大学生の集まりって怖そう!!」
という偏見でした(笑)今思えば、なんであんなに警戒していたのに摂理のバレーに行ったのでしょうね(笑)

でも、行ってみて凄く楽しかったんですよね。充実した気持ちでした。高校生の私には全てが新鮮でした。

決め手は摂理の御言葉

摂理の御言葉

神様の歴史も<新しい時代、新しい人、新しい御言葉>が「新しい力、新しい希望」だ。
摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉

 

摂理のバレーサークルというだけであれば、私は離れていたかと思います。高校生の頃から聖書を学びたかった私にとって、やはり摂理の御言葉が一番大事でした。

今の高校生に「聖書を学びたい!」という人はいるでしょうか。私は高校生の頃、ずーっと考えていたのです。これだけ多くの人が信じている聖書に何か答えがあるはずだと。

その予感は、聖書を学んで確信へと変わりました。人は何のために生きるのか、なぜ生まれてきたのか。その答えを得ました。

高校生の時に摂理に出会って良かった

私は高校生の頃に摂理に出会って本当に良かったと思っています。元々、真面目な性格です。人生について深く考えたのは高校生の頃でした。普通の人生で終わりたくない。でも普通って何?神様、私はなんで生きてるの?でも答えは得られなかった。

海外に行ったら何かあるかもと思って、短大卒業後は海外に行くことは決めていました。海外青年協力隊にも絶対に応募すると思い、早く応募が出来る20歳になりたいって考えてました。

そうしているうちに摂理に伝道され、私は全ての夢を成し遂げました。

もし摂理に来なかったら、私はどんな人生を歩んでいたでしょう。想像も出来ません。

摂理に出会うタイミング、摂理に伝道勧誘されるタイミングは人それぞれ。私のタイミングは高校生の時だったというわけです。

欲をいえば中学生の頃に摂理に来ていたかったです(笑)この前、現役中学生を見ました。その子は親が摂理メンバーとかではなく、中学生になったときに摂理に出会ったそうなのです。その子の親御さんも勿論、摂理の教会であることを知っています。とっても楽しそうに摂理で過ごしていました(^^)

出会いはホントにひと時。そのひと時を掴めたことを神様に感謝しています★

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる