地図を読もうとしない女

けっこう前に、「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が売れに売れたことがありましたね。この本、なんと日本で200万部、世界で600万部、42か国で売られたのだとか。

 

私は仕事柄、様々なお宅に伺いますので、地図は絶対に必須です。ってかナビですけど(笑)でも、新しい住宅地はナビがまだ登録されてないところもアリ、そこはお客さんから送ってもらった地図を頼りに行くしかありません。大抵迷うことはありません。お客さんが書いてくださる地図に感謝です。

 

ところで。ここまで見ると地図を少しは読める女なのかと思うかもしれませんが(思ってないかもですが)、私は「地図は読めない女」というより「地図に興味が無かった女」です。いや、つまりその・・・地理があまり好きじゃなかっただけです。

 

日本中にいる摂理メンバー達に会いに行こうとするとき、なかなか大変です。調べること自体は苦ではありませんが「えーと、あの県はどこだったかしら・・・」なんて日常茶飯事です。おかげでだいぶ都道府県の位置を覚えました・・・はずでした。

 

昨日の四国在住メンバーとの会話

メンバー「愛媛には来ないんですか?」
りお「うん、そのうち御心があったら( ̄∇ ̄)ゞ」
メンバー「高知もいいですよ、高知に行って来たらどうですか?」
りお「・・・高知はえっと、、、四国の・・・」
メンバー「下です」

 

この東西南北で説明されないあたり、地図をあんまり読まない人にとっては、なかなか良い(笑)

 

摂理に来て良かったこと。
「日本地図がより分かるようになった」

 

・・・摂理に来ても来なくても関係ないという突っ込みは横に置いておきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる