教会の皆でウクライナと世界のために祈りました

昨日、オンラインで日本各地の教会の人たちとつなぎ、ウクライナと世界のために祈りました。

祈るとき。心が苦しくなり、涙が止まりませんでした。言葉にして祈るのが難しかったです。

ウクライナの人たち、そしてロシアで反戦の声を上げている人のことを思えば、とても苦しいです。

「ぜひ一緒に祈りたい」という思いで、私たちは集まりました。

祈ることしかできない、声をあげることしかできない。

でも聖書を読むと過去、多くの悲惨な艱難にあっても、平和を愛する人たちに最も神様が共にしてくださいました。

その神様を信じ、世界のために祈り続けます。

息のあるものは祈りなさい。自分の命のために、隣人の命のために。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より
息のあるものは祈りなさい。自分の命のために、隣人の命のために。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる