帰省中に感じたこと

家庭局しずくです!
連休はイベントがたくさんありました

その中で、1日だけ自分の実家に帰省しました。

たまに帰省してのんびり過ごすのはいいものです。

食べる、家族としゃべる、お買い物する、寝る・・・

でも、これが毎日続くと退屈だなっと思いました。

なんというか、目的がない・・・!

 

人間は、発展を求めるようにつくられているので、現状維持の生き方には満足できないそうです。

 

今週の御言葉で <現在>が<結局>を決定する とおっしゃいました。

人間は各自自分が生きてきたとおりに、自分が行なったとおりに、<生の結局>が決定されます。

<現在>苦労しても<結局>がよくてこそ、将来、希望があって、喜んで生きるようになります。

<結局>とは「未来」「将来」を指しています。

 

実際、皆そのように生きていますよね。

現在節約して、将来のために貯蓄する。

現在勉強して、いい大学に行って、なりたかった職業に就く。

現在お菓子を我慢して、今年中に3kg減量する。

 

現在大変でも未来のため希望の種をまいて生きる人は、将来刈り取るようになります。

しかし、これらは肉体をもって生きる間に該当することに過ぎません。

 

“<現在>は「肉の生」で、<未来>は「魂と霊の生」だ。”

私たちは誰もが、永遠に生きる「霊」をもっていることを鄭明析先生が教えてくださいました。

1日を生きるにしても、拡大して人生100年生きるとしても、永遠な生である霊のために生きる必要性を教えてくださいました。

そうしてこそ、<現在>より<未来>がもっとまさってよく、<現在>苦労しても希望で喜んで生きるようになります。

 

今週の主日御言葉はこちらから→<現在>が<結局>を決定する

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる