人が見ていなくてもする人ー聖殿掃除

今日夜、聖殿を通りかかった時、聖殿の玄関を掃除してる人がいました。

 

周囲は完全に真っ暗。
その人以外、誰もいません。

 

掃除していたのは
Tさんでした。

Tさんは私が東京にいたときも同じ教会でした。

 

今はパパになり、二人の息子くんがいます。

 

聞いてみると、仕事帰りとのこと。

早く帰って、家族に会い、ご飯も食べたいだろうに。

 

いつもTさんは目に見えないところでコツコツ、地道に頑張る人です。

 

Tさんはそれを「普通」と表現しますが、ずーーーーっと常々、
目に見えないところでもしっかりやるのは
簡単に出来ることではありません。

 

私はたまたま見かけただけなので
きっといつも、誰も見ていなくても、神様を思いながら掃除しているのでしょう。

 

ビニールであろうがなんであろうが、すべて拾わなければいけません。

ある人はそれを見てもそのままにしておく人がいます。掃除したい心はあるけれども、不思議と拾うようになりません。それは自分を磨いてないからそうです。

心を磨いたとき、廊下も磨くことができます。
廊下を磨いた人が部屋も磨くことができます。

だから、私は掃除しない人はとにかく心を磨いてないこととして見ます。それには理由がありません。私は心を磨いたから、そういうことを黙っていられません。何とかしてもやってしまいます。

1998年10月3日(土) 朝の御言葉(内側を清くしなさい)マタイ23:25-26

 

盲目なパリサイ人よ。まず、杯の内側をきよめるがよい。そうすれば、外側も清くなるであろう。
新約聖書 マタイによる福音書23章26節

 

御言葉を見ると、Tさんは心を磨いた人なんだということが証明されています。

 

誰も見てなくても、神様が見ている。
本当にそう思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる