自分が原因だったのか

皆さんこんにちは☆Yoです^^

お久しぶりです。

いきなりですが、たまにはブレイクタイムも必要です。

あまりに根詰めても仕方ない時があります。

いつまでたってもやらないなんてことはありませんよ。

ちょーっと長い時はありますけどね(笑)

 

最近時間の進み方が速い速い!

マッハ3000!!(つまり、ピューッ)

あれ?さっき朝ごはん食べたよね??

って言っている時間が夕方の18時です(笑)

あのさ〜時間おかしい?

いや、自分がおかしい(笑)

 

時間の進み方の感覚は脳に関わっているらしい

何かに熱中している時には、時間がすぎる感覚が遅いことが多いそうです。

これは、脳が多くの刺激を受けて多くの情報を処理しているからだそうです。

子どもの時には、時間が過ぎ去るのが遅く、まだ朝?まだ14時?とか思っていました。

とか思いながら、いつの間にか夜になって寝ていましたけど(笑)

 

時間が過ぎ去るのが速いということは、脳に新しい刺激があまり送られていないということになるそうです・・・。

オーマイガッッッ!!!

 

我ながら、東京に来たから時間が過ぎ去るのが速いんだと思っておりました。

それも、あるでしょう。

しかし、自分にも原因があるということですね。

いや〜、無いようで自分にもある原因っていうのが、わかってみると痛いですが、わかってこそ手の打ちようがあります。

 

時間をゆっくり感じるために

早速明日から刺激的なことにチャレンジしてみようか。

こうやって考えるだけでも、脳を新しい方向に使うから時間が遅くすぎる感じがします^^

 

皆さんも、どうでしょうか。

実際、感覚でゆっくりと感じる日々がある方、実に充実しているのではと思います。

もちろん、感覚は個人差がありますので、ご了承ください。

何か新しいこと、新しいものにトライ&スタートしてもいいころですよね^^

自分の脳を喜ばせてあげましょう!

ではでは

Have a nice time ☆

 

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次