<摂理人紹介>早稲田大学生に助けられた話

昨日の出来事。
急遽、私は摂理の御言葉の前、讃美をする時間の司会をすることになりました。

 

礼拝の司会はよくあるけれど、讃美の時間の司会をやるのは数年ぶり。

 

会場に着くのもギリギリになり、ドタバタ始めてしまった。。
話す内容も曲も、しっかり詰めれてない中で進めていく。
内心、少しドキドキしていました(^^;)

 

そんなとき、一人の摂理メンバーが目に入りました。
元早稲田大生です。

 

話に物凄く反応を示してくれました。
それだけで私は心が楽になりました。
神様も、いつも早稲田生を見ながら
きっとこのように嬉しく思ってるのかなと思いました。

 

早稲田大の摂理人といえば
「最高かつ最大かつ最上級のエネルギー」
というイメージが私にはあります(笑)

 

エネルギーがぎゅうぎゅうに詰まっていて爆発をし続けているイメージです。

 

元早稲田大学生達、ひとたび集まれば
そのエネルギーはどこから出てくるんだろうといつも思うのです。
反応の薄い早稲田生、エネルギーの薄い早稲田生は殆ど記憶にありません(笑)

 

彼らはきっと何かやってくれるだろうという期待がいつもあります。

 

この前は、また別の元早稲田生と1時間以上、MTGする機会がありました。

 

摂理を思い切り走っている家庭局メンバー。
よくよく話を聞くと、勤務地もあちらこちらにとんでいて
時には終電で家に帰れないこともあるそうですが
バイタリティにあふれていてエネルギッシュで
凄いなーの一言。

 

仕事が忙しいはずなのに、それを表に出さないどころか
むしろ楽しそう(笑)

 
見てるだけで、話しを聞くだけでこちらがエネルギーを得ることが出来ます。
私もそんな風になっていきたい!と思うのであります(・∀・)V

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる