摂理女子大生 たま&まい物語

たま、まいは摂理の女子大生。
今は毎日二人で、楽しく一緒に朝から御言葉の復習をしたりしています。
そんな二人に今日はプチインタビューしてみました(人´∀`)
■インタビュアーりお
「御言葉の復習を二人でやっていて、どうですか?」
■たま
「その日に聞いた御言葉をまとめて、お互いに伝え合っています。
一人だと間違ってもいいやとかあるけれども相手がいるからしっかり伝えなきゃって思う。
御言葉を聞いた頭が整理される感じです。
こうやって兄弟愛を成してる感じです(笑)
■まい
「こうやって伝え合うのは主の御心で始まりました(笑)
今から一週間前ですね。
実は私達・・・。互いが互いを比較しあってたんです。
でも兄弟愛の御言葉が出て・・・お互いにその御言葉に引っかかりました。
お互い話してみたら、私達は一番の悩み、根本の問題が似ていました。

■インタビュアーりお
「それは何だったのかな?」
■まい
「御子主の愛を100%確信できていないことと、
人に何か言われると責められてると思ってしまうところです。
今までちゃんと互いに疎通出来てなくて。
話してみたらお互いが似ていたし、相手が良いように見えました。
私が、たまちゃんを見て、たまちゃんのこういうところがいいなあと思っていたけれども
そこは実は、たまちゃんが悩んでいた部分でもあったんです。
一人でやってることに限界を私は感じていました。
やってもやっても、進んでる感じがしないし、うまくいかない。
人から『まいちゃんは何か神様に条件を立てたらいいよ』って言われたけれども
誰かと一緒に条件を立てようと思っていたら、たまちゃんとやろうと感動がありました。」

■インタビュアーりお
「最近、牧会者から何か聞かれたとき、真っ先に手をあげているよね!
まいちゃんも、たまちゃんも積極的でいいね!」
■まい
今週の御言葉のように、二倍大胆になろうと思って。
前に立ってるのは牧会者だけれども、
実際に神様がいらっしゃったら、とにかく手をあげて当てられたい(笑)
私の話す答えがあっていても、あっていなくても。
失敗しても成功しても、神様の前で大胆になろうと思うんです!

二人を見てると、こっちも頑張らなきゃっていう刺激を受けます
たま&まい、神様から見たらどんなに嬉しいことでしょう

忠誠を尽くし、仲睦まじくしなさい。
忠誠と和睦の愛であってこそ、完全だ。
2014年4月 鄭明析牧師の箴言より

アーメン!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる