私が筑波大に受かった経緯

2020 8/13

どうもこんばんは、NORIです。

今回は私が筑波大に受かった経緯を書いていこうと思います。

 

 

私は現役で大学に合格したのではなく、一浪して入ったのですが

その浪人した年のセンター試験もあまりよい成績ではありませんでした。

現役生のときより点数は上がりましたが、センター試験後の判定はDでした。

通っていた予備校の先生からも「筑波はあきらめたほうがいい」と言われてしまいました。

でも、私はあきらめたくありませんでした。

毎日夜遅くまで頑張ったから。

親が自分を予備校に通わせてくれたから。

筑波大に行きたくて、現役の時に受かっていた私立大をけって浪人をしたから。

絶対にあきらめたくありませんでした。

 

なので、私は先生の反対を押し切って筑波大の受験を決めました。

両親は「あなたの満足がいくようにやりなさい。でも、決めたからには死に物狂いでやれ」と応援してもらいました。

 

そこから、二次試験に向けた対策を今まで以上にやり、本番までに悔いがないように準備をして、本試を迎えました。

万全に準備をしたので、不思議と緊張感はなく、自分のベストを出し切った、と思いましたが、センターの判定がDだったのでうかってるかどうかかなり不安でした。

 

合格発表が出される2週間の間、心配でしょうがありませんでした。

なので、私は神様にお祈りすることにしました。

自分でも今考えてみると不思議としょうがないのですが、寝る前に正座をして神様に

「筑波大に受かるようにしてください」と祈ってから寝ることにしました。

あと、近くの神社に毎日行ってお参りする、なんてこともしました。

 

そんなこんなで発表の時…

 

パソコンで自分の番号を見つけた瞬間、飛び上がるほどうれしくなったのを覚えています。

親からも「奇跡が起きた!」と言って驚いていました。

母校からも、事前に私のセンター試験の結果を知っていたので

先生方からも同じようなリアクションをされました(笑)

 

でも、そうして入学した筑波大で私は摂理に出会い、本当の神様について教えてもらえるようになったので

やはりあの受験の時、神様が働きかけてくださったのだなあと、今になって思うのでした(^▽^)/

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次