摂理の兄弟姉妹-キツイ時に助けてくれた人

もう6年前位になるか?

とあることがあって、私は3日間引きこもり状態になった。
自分でも「なん
だこれは?」と思っていた。
「なんだこれは」
って言うのは、引きこもってること自体がそうだ。
それまでの私と言えば毎日、外に出るのが当たり前。
休みの日でも外に出ないことは無い。
四方八方、歩き回る生活。
だけど、その時はどうしても出られなかった。
出る気持ちになれなかった。
そんな時、全くの別件である人から連絡があった。

私が何気なく引きこもり状態であることをチラッとメールしたら
その後、何度も電話がかかってきた。
でも私はとれなかった。
メールもくれた。
「自分は、りおさんがいなければ今、ここにいることは出来ないんです!!」
とか励ましの言葉をたくさんくれた。
昔からそういう人だった。
一人一人の気持ちを大切にし、敏感に反応する人だった。
凄いなって思った。
チラッとしか私の事情を言わなかったのに凄く心配していた。
だから今も、その人に何かあったら私も恩返しがしたい。
ずっとそう思ってる。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる