モルドバ到着

時差のせいで、夜中の2時に目が覚め、シャワーを浴び、祈り、聖書を読んで、
仕事の資料を読んだ。
午前6時30分、ホテルのレストランで朝食。
さすがはドイツ、ソーセージ、ハム、パン、どれも10種類ずつはあったか、
朝から食べ過ぎてしまった。
7時、タクシーでミュンヘン国際空港へ移動。
こちらはまだ真っ暗だ。
ドイツの出国時のBaggage checkは徹底しており、人によっては服の内側に
隠していたお金まで出していた。
飛行機は50人のりくらいの小型のルフトハンザ機で、モルドバ・キシナウに
飛んだ。
R0011981.jpg
R0011982.jpg
到着すると、かなり寒く、雪がつもっていた。
氷点下10度。
R0011995.jpg
迎えに来てくれた方とともに、数台のレンタカーに乗り分けて、市内に向かった。
街ゆく人はみな寒そうに、フードをかぶっている。
路面バスも走っており、レトロな雰囲気だ。
文字はルーマニア語に似たモルドバ語。
ホテルに着き、携帯のシムカードを買いに街に出たが、しばらくすると耳が痛く
なってきた。
日本で購入したEDWINの三重ズボンはかなり役立っている。
マクドナルドがあったが、ハンバーガーが10Lei(約70円)だった。
夜は会食だったが、モルドバのTraditional Foodがたくさん出てきた。
量は半端なないが、これも仕事なので、感謝を超えて、本当に仕事になってきた。
生まれて初めてラビットの肉を食べたが、鶏肉をちょっと脂っぽくした感じで
美味しかった。
R0012022.jpg
食べ物はまだ良いが、モルドバと言えばワイン。
僕は飲めないため、主に人を通して助けて下さいとずっと祈っていた。
すると、主催者である人がDiscriminate(差別)はしないから、無理に飲まなくていい、
でもCompensate(埋め合わせ)として食べなさい、ということで、本当に助かった。感謝。
最初から5種類のコップがテーブルに置いてあることからも、アルコールを飲まない
人間にとっては試みだ。
ということで、助かったわけだが、結局、肺が圧迫されるくらい食べて解散になった。
海外の仕事は、現地の歓迎食事会が非常にヘビーとなる。
この分、Compensateとして明日朝は走らないとなあ。

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

関連記事

  1. 2013年3月23日 イスタンブールからモルドバへ

  2. 現地調査

  3. 12月13日 CRICOVA

摂理ナビとは

摂理 キリスト教福音宣教会の公式・非公式問わず、発信しているポータルサイト。 「摂理の全てが分かる」リンク集・まとめも充実。

*当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

摂理の概要

摂理はどのような宗教なのか?
摂理の概要はこちら

LINE

Blog更新情報お送りします!登録お気軽に!(^^♪
摂理の猫カフェLINE@

Taiwan Woman Soccer