モルドバ、とにかく暑い

チェギヤ。
Wifiの繋がりが悪くて、音信普通ですが、とりあえず、主に守られ元気にやっています。
モルドバの夏はとにかく暑い。
日差しも強い。
冬は寒くて、夏は暑くて、亡くなる人がいる国だ。
今日は、キシナウから車で1時間程度走った田舎の工場を視察。
その裏で羊君たちを撮影。
ひつじ
ランチはキャンティーンで。
こんな盛り付けも使える。
R0013830.jpg
こちらはポーク。
R0013832.jpg
肉の恵みはさすがの農業国モルドバ、豊かだ。
そして、夕方からまたもワイナリーへ。
今回は、Chateau Vartely(シャトー バルテリ)。
R0013836.jpg
「飲めないのに、よく来るね」と感心されるようにまでなったが、天が守って下さって、
スピーチが回ってくると、同僚らが自分の分を飲んでくれるようになった。
神様の愛は深くて深い。
R0013851.jpg
R0013841.jpg
ということで、利き酒ならぬ利きワインか。6種類のワインを飲んで、自分なりにTransperancy(透明度)、Bouquet(香り)、Color、Taste、Typicalnessを評価する。
飲まない自分としてはどっちでもよい話だが、匂いを嗅いでいるだけで酔って来る。
R0013850.jpg
そして、そのあとは、夕食。
R0013875.jpg
R0013890.jpg
これは、、、今回飲んだワイン。15人くらいでこれだけ。
R0013892.jpg
この夕焼けは、午後9時ころ。
R0013884.jpg
結局、帰路についたのは、夜の10時。
R0013898.jpg
ああ、今日も疲れた。
あまりにも太陽光線が強く、暑いので、またも頭痛で悩まされたが、主に祈り、回復した。
海外は自己管理が大切だ。
時、既に夜中の1持過ぎだ。日本は朝の7時か。

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

関連記事

  1. 現地調査 Vol2

  2. インドネシア訪問記2

  3. マニラから近況報告

摂理ナビとは

摂理 キリスト教福音宣教会の公式・非公式問わず、発信しているポータルサイト。 「摂理の全てが分かる」リンク集・まとめも充実。

*当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

摂理の概要

摂理はどのような宗教なのか?
摂理の概要はこちら

LINE

Blog更新情報お送りします!登録お気軽に!(^^♪
摂理の猫カフェLINE@

Taiwan Woman Soccer