現場見学

今日は土曜日。
朝から現場です。
車で東へ1時間。
小さな小学校。
裏庭では、親子がアヒルの子をほうきで誘導してました。こんなのどかな風景、日本ではないよなあ。
R0013958.jpg
超かわいい
R0013957.jpg
そこから、Greenhouseへ移動。
道はでこぼこしており、胃の痛みが増幅されます。
あちこち、Sunflower畑が広がってます。
R0013972.jpg
見学のお土産に、有機栽培トマトひと箱頂きました。
この国は日本と違い、何でも量が半端ないです。これがモルドバンホスピタリティか。
R0014001.jpg
ホテルに戻った後、ランチに行きましょうとのことで、近くにあると思いきや、20km離れたワイナリーの店へ移動。
こじんまりとしたお店はまたも雰囲気が良い。
人口の池の周りに屋根だけの個室があります。
R0014006.jpg
R0014011.jpg
これは、ザマというモルドバのスープ。
R0014014.jpg
そして、定番のママリーガ(黄色のコーンをすりつぶしたもの)とサワーチーズ、羊のチーズ、鶏肉。
R0014017.jpg
R0014015.jpg
食べ終わったのが午後3時。
僕の体調を気遣って、カウンターパートが薬局に連れてってくれました。
胃痛を抑える薬とCarbon。25Lei(200円弱)
ホテルについて、しばし休憩と思いきや、公園の音響がうるさくて眠れず。
夜中の23持頃まで、大音響で音楽がかかっている、真夏のモルドバ・キシナウでした。

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
PAGE TOP