「そうです。一生のうちで、今が一番幸せな日です」80代 摂理壮年部からの手紙

80代の日本摂理壮年部の方が書いた文章が、とっても感動的なのでシェアします。
実際に80代まで生きてきたからこそ、その一言が本当に本当に身にしみます。
「本当にそうですね、アーメンです!」としか言いようがありません。

私たちの教会の牧会者が、自宅に訪問してくださいました。
気軽にたくさんおしゃべりしてしまいました。

今までの友人は、亡くなったり、老人ホームに入ったり、生き残っている人たちとも、私自身が車の運転を諦めたため、交流が格段に減ってしまいました。教会でお祈りできること、兄弟姉妹と交流できること、寂しさを感じないでいられることに感謝しています。
聖霊集会で涙の出るほど感動したり、その後息子と孫と妻と、食事をしたり、移動中の電車の中では摂理メンバーと会い、話しながら新宿まで一緒でした。

一生のうちで今が一番幸せな時です。
毎日、今日という新しい日をお与えくださり、平安な日をくださる主に感謝しながら暮らしています。

「そうです。一生のうちで、今が一番幸せな日です」

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる