摂理で演劇やってる姉さんはめちゃくちゃ怖かった?

演劇やってる姉さんと、私は以前、一緒に住んでいました。

 

当時から怖い姉さんとして周りには認識されていました。

 

確かに怖いところもたくさんあったけれども
一緒に住んでいた私は、怖いとは思った記憶はなく
むしろ、優しく楽しい姉ちゃんという感じでした。

 

私が特に覚えていることが三つ。

 

目次

姉さんは目覚まし爆音でも起きない

明け方起きるために、ボリュームを最大にしても
姉さんは起きなかったことがあった。
というか、周りの人が先に起きて止めた(ΦωΦ)
目覚ましかけた人は起きず、周りが起きて止める説
スマホのアラーム音じゃないよ。
ステレオの最大ボリュームだよ。

 

姉さんは私が風邪の時、みそ汁を作ってくれた

風邪ひいて、ひーひー言ってた時のこと。

姉さんが、みそ汁を作って運んできてくれました。

 

めちゃくちゃうまかったー。
ショウガ入り!

 

姉さんは讃美を教えてくれた

これはまだ一緒に住んでいなかった時のこと。
姉さんのおうちにお泊りした時、姉さんは
まるでお母さんが子供に歌を教えるような優しい表情で
私に賛美を教えてくれました。

 

そのときのことは本当に良く覚えています。

 

姉さんは私のヘアメイクを褒めてくれた

姉さんの演劇に、ヘアメイクスタッフとして呼んでくれたんですよ。
ヘアメイクは好きだったけれども私、専門家でもなかったのに。
姉さんが使ってくれたんですねえ( ;∀;)

主役だった姉さんの髪型を作った時
「この髪型ねえ、評判良かったよー」
って言ってくれた姉さん。
優しいでしょ。

 

役者には厳しかったかも(ΦωΦ)w

 

直接最後に会ったのは、もう何年前だろう・・・。
10年以上は確実に過ぎてるな。

幼いころ、誰が何をしてくれたかというのは
意外なくらい自分の記憶にとどまる。

 

私も姉さんのようになりたいものだー。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる