飯の穴ー摂理の詩

2019 12/29
飯の穴ー摂理の詩


「飯の穴」 鄭明析

一尺四方の
飯の穴から
涼しい季節の風
入ってくる

季節が変わって
涼しい風が吹くから
私の心も
変わって
涼しく
生きるべきだ

苦痛が過ぎ
幸せだ

私の勝利は
摂理の勝利ではないか

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次