罪と雨と人生―摂理の詩

差していた傘を放り投げ
お前、雨に散々打たれながら
果てしなく歩いた

 

この世の生活に汚れたあらゆる
墨よりももっと黒い罪を
きれいに洗い流してしまいたくて
滝のように降り注がれる雨に
一日中打たれた

 

春雨は罪の垢(あか)をふやかし
夏雨はその分厚い罪の垢を洗い流し
秋雨は深く染み込み良心の罪を洗い流してくれるのだな

 

そうして、冬山を超えていき白い雪となってこんこんと降る

 

大地を白く覆うあなたの姿は
春の間 夏の間 秋の間
体と良心の罪をきれいに洗い流した人々の
白い心のようだ

 

創造主が私に万物を用いて
このように比喩なさるのだな

 

鄭明析牧師 霊感の詩より

投稿者プロフィール

RIO
東京郊外出身&育ち。先祖代々、東京郊外に400年住み続けてます。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。家族は認可保育園経営者で、一同 保育園や子供に関係した仕事してます。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
PAGE TOP