就活失敗談(千葉大 院卒) 私に決定的に足りなかったこと

こんにちは。sakuです。
私は千葉大学在学中、4年生の時に摂理に導かれました。

M1の時に就活をし、医薬品開発受託機関(CRO)に新卒で入社、
その後様々な神様との経緯を経て転職、食品メーカー研究職、化粧品原料メーカー研究開発(現職)を経験してきました。

今では理系学生に就活相談や自己分析の相談を受ける立場になりましたが、残念ながら私は信仰的に優秀ではありませんでしたので(汗)、自分の就活を振り返ると、もっとこうすればよかったな~ということが山ほどあります。

しかし自分が上手くいかなかった経験もあるからこそ話せることがあるというのは、今になってみると財産であり祝福です。後輩には成功してほしいという思いで、就活という岐路に立つ方々にお伝えしたいことを書いていきます。
就職や転職を通して、神様は私たちを成長させ、次元を上げさせてくださると確信しています☆

 

目次

就活の時のはなし

もともと私は「社会で成功したい」思いが強い方でした。
御言葉に出会う前は目に見える成績を自分のアイデンティティーにするために勉強中心の生活をしていたし、

摂理にきた後も、「いい会社に就職して、神様を信じて行えば成功するということを表すべきだ」こういった考えが強かったです。

だから、就職活動は周りに引けを取らないほど一生懸命やりました。

毎日のように説明会に行き、適性検査や自己分析の機会があれば受けに行き、エントリーシートも数え切れないほど書きながら研究しました。

おそらく当時、千葉の摂理の同期でここまでやった人はいなかったですね。
教会では女性キャンパスのまとめ役をしていたので、余計に見本にならなくちゃという思いもあったかもしれません。

就活が上手くいくようにお祈りもたくさんしました。

面接では「ここはどうでしょうか~神様・・・」と尋ねながら臨むことで神様が共にしてくださると確信でき、自然と話すべきことが浮かぶように助けられたことが何度もあります。

元々上がり症口下手、人前で話すのがとにかく苦手なので自分でも驚くことでした。

またこの機会に周りの学生の考えや社会人の話をたくさん聞けたのは新鮮でした(^^)
就活期間は忙しかったけど楽しかった記憶が強く、今では良い思い出になっています。

エントリー開始から約5カ月、新卒で入社することなる会社から内定をもらい、就活は終了しました。

神様が共になさり就活は大成功したように見えました。私自身にも、親にも、研究室の教授にも、教会の指導者にも。

ところが私の場合、入社した後に壁にぶつかるようになりました。

入社後のもがき

私の配属先は、数年に1度しか新人を取らない特殊な部署でした。業務内容も、普通新人ではやらないような熟練の専門知識が要る仕事が多く、学んできた分野とは全く違う新しいフィールドで常に勉強しなければならない状況でした。

もちろんそれも分かっていて望んで入った会社でした。医薬品業界は学生時代からの憧れだったんです。

新人でこの仕事を経験させてもらえていること自体なかなか無いことだから頑張らなくては。神様を信じる者として成功しなくては。失敗なんて見せられない。

そのように言い聞かせながらがむしゃらにやって1年が過ぎようとする頃に
「このままでいいのかな。。」
と、限界を感じるようになりました。

頑張ってはいても正直仕事が辛いばかりになっていたのです。いくら待遇が良くても、業界でそこそこ名の通る会社に所属していても、得意なものや学んできたことを全然使わずに仕事をすることに甲斐を見出せなくなってきて、まるで自分は魚なのに山に登ることを強いられているような、毎日そんな気分でした。

事実、私は自分のやりたいことよりも年収とネームバリューを重視した就活をしました。社会に証明するために。神様のためにそうしたはずが、だんだん歯車がかみ合わなくなってきたのを無視できなくなってしまいました。

しかし誰にも相談できず、自分の考えに閉じ込められて孤独になってしまった時期でした。こういう時にこそ祈らなければならないのですが、目の前の問題に遮られてそれもできなくなっていました。患難で簡単に折れてしまう情けない信仰でしたね…。

自分はこれからどうしたらよいだろうか。
ぐるぐる考えていた中、あるメンバーの職場を訪れる機会を神様が与えてくださるようになりました。

職場で働いているメンバーは、自分とは対照的にとても輝いて見えました。本当に好きなこと、やりたかったことを通して神様に栄光を帰している姿が見えたのです。それが自然と、「この子は人間として魅力的だ」という信頼に繋がっていて同僚や上司にも一目置かれていました。

その姿を目の当たりにしてはっきりとした悟りが来ました。

「神様が私に望んでいることは、神様がくださった私の個性を通して仕事をしながら栄光を帰すことだ。
その姿を通して、社会に証明することだ。
これだ。。。。私に決定的に足りなかったこと。」

神様のために選択したことなのに苦しい。うまくいかない。いくら努力してもこの感じを拭えなかったのは、私の認識観が完全に間違っていたためだと分かりました。

それまでの私の認識は専ら、

神様を信じて行えば成功することを社会に証明する
=いい会社に就職すること。業績を上げて認められること。たくさん稼ぐこと。

外面的な側面に縛られたものであり100%自分の考えでした。(お恥ずかしい限り…)

もちろんそれも含まれていることではあります。有名企業で活躍される摂理の先輩たちは社会的にも光を放っています。

しかしこうした目に見える部分は根本ではなく、祝福として結果的に与えてくださるものです。

入社して1年半でやっと、自分の考えと神様の考えとのすれ違いに気付くことができました。<遅っ。

 

反省、そして転職を決意

自分に向かう神様の願い、個性を通してもっと祝福を与えたい神様の心を無視した祈りをしていたこと。

神様に尋ねながら行うべきなのに、振り返ると社会的な成功にとらわれていて神様と共にできなかったこと。

いかに自分中心に振舞ってしまったのかに気付き、神様に対して本当に申し訳ない思いになりました。

そう気付いた時点で、今の仕事を続けていくことに全くビジョンが見えなくなってしまいました。

神様の願い通りにできなかったものは意味がない。全部崩して一から立て直そう。
信仰生活も 社会人人生も 神様の手を取ってやり直そう。

仕事内容を変えるというよりもまず、口で「主よ、主よ」と言いながら全く御心通りにできないでいた残念な自分を完全に変えなければならないという思いで、転職を決断するに至りました。

 

これから就活される方へ

就活をしながら、私が全然祈っていなかったわけではありません。
じゃあなぜ祈ったのに失敗したのか後になって考えて分かったことは、
神様は祈りの次元の通りにくださるしかないのだということ。

私が当時祈っていた「就活が上手くいくように」
この祈りで求めたことは「社会的に見て良い職場に早く決まるように」ということでした。
私がこういう認識でいたので、神様もその考えの次元通りにくださるしかなかったということです。

最初の話だけをすれば、祈った通り、私は就活「そのもの」には成功しました。
学科で一番早く内定を取り(人数少ない学科ですが)、
年収も知名度も業界では結構良い方で(狭い業界ですが)、
研究室の優秀な先輩と並んでも恥ずかしくないくらいのところで働けるようになりました。

でも
「自分の願いだけを成した就活は失敗だ」
自分勝手な考えのまま社会に出て、このことを痛切に悟りました。

このことを通して考えと信仰の歪みを矯正できるようにしてくださいました。しかし間違った道に行こうとしても無理やりに道を移そうとはなさらず、自ら経験させて自ら悟って、自ら戻ってこられるようになさいました。神様はやはり愛の神様です。

自分の直すべきところに気付かせてくださったことに感謝し、今度こそ「御心中心」の就活に挑戦しようと決心しました。

最初の就活でそのようにできたら一番良かったんですが、、自分中心の考えが人一倍強かった私には患難の過程が必要だったのかもしれません(^^;)
転職の経緯はまた次回書けたらと思います。

何のために就活をするのか。何のために仕事をするのか。各自の個性の通りに答えが用意されていると思います。

これから就活をされる方には、御心中心の考えと認識をもって、自分に向かう天の御心を探す就活をして欲しいです☆

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる