プーチン 5Lei-モルドバ

チャギヤ
今日は、一日中、雪が降り続いた。
今もまだ降り続けている。
R0012693.jpg

これはアパートメントの窓から撮影。
モルドバの雪はパウダースノー。握っても、固まらない。
雪かきはスコップでなく、ほうきで出来る。

近くのスーパーでチーズを購入した。そろそろお土産を前もって買おうということで。
5Leiが手元に残った。

いつも用意がなくてあげられないが、今日は、この5Leiを求めている人にあげようと思った。
すると、一人のおばあさんが手を出していたのであげた。

天から見たら塵のような義だと思うが(実際、35円くらいにしかならないし)気分は良かった。

今日も一日、健康で安全に過ごせたことに、感謝します。
モルドバ語で「少し」は「プーチン」という。
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる