Madama Butterflyーモルドバ

チェギヤ
今日はずいぶん暖かい。
屋根からは雪が垂れている。
R0012814.jpg

<モルドバ事情>
午前中はずっと首相府の前でデモが行われており、騒がしかった。
モルドバはロシア系住民が10%強おり、Communistがよくデモをしている。それでTransnistriaみたいなロシア系の住民が暮らす地域があるのもうなずける。

南にいけば、トルコ人が住むGagauzia地域がある。でもここでは、イスラムよりOrthodoxが多いとのこと。不思議。
いずれにしてもモルドバはCommunistとDemocrat、Turkeyが共存していて複雑だ。
EU加盟を目指してはいるが、不安定な政情は変わらない。それでここ数年大統領不在の状態が続く(Presidentはいる)。

昼間レポートを進めて、夕方4時から、お隣のOpera&Balet劇場でMadama Butterfly (蝶々夫人)を観た。
R0012815.jpg
これは劇場
R0012816.jpg
開演前に、生演奏をしている
R0012817.jpg
売店では、お茶ができる。25Lei(200円)也
予め予習していったが、言葉がイタリア語らしく、途中寝てしまった。2時間20分
R0012820.jpg
舞台の下に見えるのはオーケストラ
会場には同志社大の1年生男子がボランティアで来ており、対話した。
Street childrenの保護をしているとか。
帰りは、映画館の2階にある日本料理店でうな丼を食べた。
R0012821.jpg
量は少なめで、90Lei(630円)也
うなぎは確かにうなぎの味、白米も日本の米に近い。
R0012822.jpg
これは、割り箸の袋。割り箸の持ち方がロシア語で書いてある。
あと2日半。
無事に過ごせますように。
サランヘ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる