ウィーン到着ーオーストリア・ウィーン経由でモルドバへ

チェギヤ

2回目のモルドバです。

今回は、オーストリア・ウィーン経由で向かいます。
初めて訪れるウィーンで御子が何を見せて下さるでしょうか。
こちらは、オーストリア航空のエアバス機。
OS
やはり飛行機は何度見ても格好いい。
機内の装備はちょっと古いですが、サービスはOK。
こちらはランチ。日本のそばと、グラタン。
OS食事
そして、着陸2時間前に出た軽食。
OS食事2
12時間かけてウィーンに到着。
日本は23時ですが、こっちは午後4時。
さすが、先進国。清潔感は日本以上。

メルセデスのタクシーでドナウ川の支流(Kanal Donau)近くのBest Western Hotelへ移動。
ホテルの前の通りから
R0013635.jpg
こちらはサマータイムを導入していて、1時間時計を早く進めていますが、
それでも7時過ぎまで明るい。
ちょっと、街中へ。
道を出てすぐに教会がありました。
R0013638.jpg
そして、石畳の街は、とにかくオシャレ。カフェだらけ。
R0013640.jpg
広場で記念撮影。この奥にシュテファン大寺院があります。

日曜だから、お店はほとんど閉まっていて、団体観光客もいなくて快適でした。
やはり日本のおばちゃん観光客は興ざめさせるなあ、なんて話しながら。
これは時計屋の看板。オシャレ~
R0013651.jpg
Graden通りを歩いて行くとやはりカフェ。ペーター教会の近くだからか、魚のロゴ。
R0013652.jpg
ホーフグルク王宮に到着。
R0013656.jpg
これは、王宮入口近くの教会。
R0013654.jpg
ミカエル天軍長か?天軍長、ファイト!!主よ~!サタンよ、滅びろ~
R0013657.jpg
王宮の入口には馬車が待機。ちょっと香ります。
馬車
中に入りますと。
R0013662.jpg
やはり、ハプスブルグ家が栄えていた場所は、豪華だなあ。
さて、さっきのGraben通りに戻ってシュテファン大寺院を目指します。
なんだか、若者が叫んでいる。MEXICOのDemocracy運動か。
R0013669.jpg
近くでは、シリアの自由化運動もやってました。
さて、大寺院到着。外装を修理していましたが、もう5年以上続いている。
シュテファン大寺院
中では礼拝が行われていたが、やはり旧式の礼拝でした。
R0013679.jpg
やはり中はすごい。
寺院内部
Dinner
やはり地元のものが良いということで、オーストリア料理を。
どこも洒落てるなあ。ここにしよう。
R0013691.jpg
こちらは豚肉を揚げたカツレツみたいなWiener Schnitzel From Pork。14ユーロ。
ウィニアー
思ったより、さっぱりしていました。
そしてサラダ。これで一人ぶん?
R0013687_20120709152211.jpg
あとは店員さんおススメのPancake何とか。チジミのような、クレープのようなもの。そしてこの揚げ物のなかはチーズ。
R0013690.jpg
値段は日本のレストランと同じくらいか。円高のおかげです。
こんな感じで、日本時間はもう明け方か。

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる