9月29日 K1ワールドグランプリ

9月29日(土)     天気:快晴     気温:20度
チェギヤ
土曜日 初めてスーパーに買い出しに行きました
紅葉が始まり、モルドバも秋の装いだなあ

目の前の公園では楽器隊が讃美歌を演奏してました
普段賛美できないので、数曲聴いてホテルに戻りました

東京では、なかなか場所がないよなあ
僕らが宿泊しているホテルにマッチョなK1ファイターが多数宿泊してました
たまたま日本人選手(山崎陽一選手)も来てて、知り合いになったので、急遽応援に行くことになって、
シーツに赤ペンで日の丸を作りました
キシナウMANEJ SPORTS ARENAのVIP席で観戦しました
生まれて初めてのK1観戦

山崎選手は残念ながら第1試合で判定負けでしたが、その対戦相手が優勝しました
終わった後、わざわざ我々の席に来てくれて、応援が心に響いたと言って感激してくれました
モルドバの日本人居住者は8名と聞いていたから、こうして日本人に遭えるのはお互いにラッキーです

<証>を一つ
韓国人もトーナメントに参加していましたが、相手はホームのモルドバ人
超アウェーの環境で戦うキム選手を見ながら、僕は聖三位に祈りました。
「主よ、彼ははるばる韓国から来ました。神様を信じる民族であり、きっとイエス様を愛する人です。
せっかくここまで来たのだから、1回戦くらい勝たせてあげても良いのではないでしょうか。
どうか、彼に御子が御力を与えて下さり、勝たせてあげて下さい!!
もちろん相手のモルドバ人もオーソドックスのクリスチャンですが、韓国人はプロテスタントでは
ないですか?」
すると判定は、ドローで延長戦に。
続けて祈りました。
3分の延長戦の結果は?そう、キムさんの判定勝ちでした。ハレルヤ!
相手のモルドバ人には気の毒ですが、三位が働いてくださったことは間違いないでしょう。ハレルヤ。
そのキムさんは2試合目で判定負けでしたが、1試合勝てて良かったと思います。
ちなみに、日本人選手についても祈りましたが、相手のモルドバ人選手がリングに上がる前、
十字架を切るのを見て・・・・・という感じでした。
信仰があればなあ。。
午後23時 試合終了
そこから夕食を食べて、ホテルに着いたのは夜中の1時半でした。
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP