12月11日 北部へ行く

2012年12月11日(火)      天気:晴れ     気温:-7度
チェギヤ
今日はキシナウから北西へ150kmくらいにあるGlodeni県へ行ってきたよ。
北へ行くほど、雪が多くなり、キシナウはー2℃くらいだったけど、着くころには-7℃に。
R0015744.jpg
R0015752.jpg
途中、池も道路も凍っていました。
R0015749.jpg
2時間半かけて、目的地のViisoara村にある小学校に到着。
R0015759.jpg
これは何でしょう?
R0015801.jpg
トイレです。中はドアがなく、20×20cmの穴が開いているだけ。
今回も校長先生に真心のティータイムをご用意頂きました。でも、小学校でなぜ自家製ワインが出てくるのか不思議。
R0015815.jpg
◎ちょっと解説◎
モルドバの小学校はGymnasiumといって、9年生。つまり小学校+中学校。だから、中学生が小学生をかわいがっている感じがします。
Gymnasiumを終えるとLyseumという高校になります。
今回も、ミニコンサートで私たち日本人を迎えてくれました。前の小さい子供が小学生、後ろの背の高い少女が中学生くらいと思います。
R0015803.jpg
R0015782.jpg
1時間の予定が2時間半になり、予定を大幅にオーバー。
午後1時半、校長先生に別れを告げて、移動。「ラレベデーレ(さようなら)~」
R0015819.jpg
4時には日が暮れるので大急ぎで別の場所に移動。
雪と夕日が映えます。
R0015868.jpg
途中、道端で何やらおじさんが気を失って倒れていましたが、何とか意識を取り戻して帰って行きました。
公民館では、子供たちがダンスの練習をしていました。
R0015910.jpg
午後5時半、ようやく最後の現場確認を終えたらあたりは真っ暗。
R0015928.jpg
街灯もなく、お店もない田舎道を、ひたすら飛ばして帰りました。
二日目終了。
主の導きに感謝します。
子育ても大変そうですが、楽しみながら頑張って下さい。
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP