12月12日 今日も北部へ

2012年12月12日(水)     天気:雪    気温:-1~2℃
チェギヤ
今日もキシナウから北へ130kmのBaltiへ
雪が降っていると気温は高くていいのだけれど、
雪が溶けるからびしょ濡れになります。
溶けた雪で体が凍えます
R0015967.jpg
ローカルに行くと、道も除雪されておらず、坂道でタイヤがはまったり
常に後輪はスリップしている状態
R0015939.jpg
でも、天に守られ、無事に過ごせました。
R0016045.jpg
雪は膝くらいまで積もっていて、関東の人間には新潟に来たような感じです
R0015985.jpg
でもこういうのも珍しくて良いね
お店は一軒もないので、C/PのSさんが持たせてくれたパンとハムと果物をみんなで車中食べました
午後5時 アパートメントに到着
写真 (8)
さて、これから夕食です
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる