長期出張が始まったーPNG(パプアニューギニア)

2016年1月24日
二度目のPapua New Guineaに来ました。
出先から事件が発生。
スーツケースのカギを自宅に忘れました。
こういう時、まず妻に電話し、事実を確認、次は鍵を壊してからスーツケースを購入、、、と
頭は回りましたが、まずは近くの警察官に相談。
「あ、さっき開錠の表示がありました」
といって、有料で開けてくれるお店に連れてってくれ、3100円で無事開錠。
背に腹は代えられず、コストは安くすみ、スペアキーを取り出して、解決。感謝!
P_20160124_045537.jpg
ジャクソン国際空港
今回は、6月以来二度目の訪問。
夜明けごろにPort Moresbyのジャクソン国際空港に到着。
機内は満席で狭いので寝付けず、疲れました~
日本と違って、こちらは熱帯なので、朝でも汗ばみます。
ヒートテックも着てたので。
空港で両替し、携帯電話のSIM購入し、バスでホテルへ。
一泊3万円と相変わらず高額のPort Moresbyです。
ホテルは普通のホテルですが、とにかく物価が高いのがPNG。
さて、3月初旬まで、健康、安全に気をつけて、がんばります。

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる